大学による地方創生人材
教育プログラム構築事業
(事業通称名:COC+R) Centers of Community —
Project for Universities as Drivers of Regional Revitalization
through New Human Resources Education Programs

ABOUT概要

地方創生に向けては、当該地域にある高等教育機関が核となって、
その地域の経済圏における教育と職業、教育と新たな産業を結びつけていく活動が不可欠です。

人生100年時代においては、高等教育機関には多様な年齢層の多様なニーズを持った学生を
教育できる体制が必要となるため、いわゆる就職氷河期世代も含めた様々な社会人に対しても
受けやすく即効性のある出口一体型人材養成の確立が求められています。

本事業は大学・地方公共団体・企業等の各種機関が協働し、地域が求める人材を養成するための
指標と教育カリキュラムを構築し、指標に基づき、出口(就職先)が一体となった
教育プログラムを実施いたします。

[ 体制 ]

[ 取組 ]

[ 選定大学 ]

事業責任大学 事業名 連携高等教育機関
信州大学
(幹事校)
地域基幹産業を再定義・創新する人材創出プログラム「ENGINE」 富山大学、金沢大学
山梨県立大学 VUCA時代の成長戦略を支える実践的教育プログラム 山梨大学、山梨英和大学
岡山県立大学 「吉備の杜」創造戦略プロジェクト
-雑草型人材育成を目指して-
ノートルダム清心女子大学、中国学園大学
徳島大学 とくしま創生人材・企業共創プログラム 四国大学、四国大学短期大学部、徳島文理大学、徳島工業短期大学、阿南工業高等専門学校

令和3年度 大学による地方創生人材
教育プログラム構築事業 (事業通称名:COC+R) 全国シンポジウムのお知らせ

「人材育成から人材輩出へ」
〜 ローカル ESG、その地域らしい地方創生に向け、地方大学が果たすべき役割とは? 〜

企業等を中心に「ESG:Environment, Social, Governance」志向(思考)を持つ人材育成や経営戦略を通じた新たな社会価値創出の取り組みが本格化し始め、その流れは地域・社会へと展開されることが期待されています。文部科学省事業「大学による地方創生人材教育プログラム構築事業(COC+R)」の令和3年度全国シンポジウムでは、「ローカルESG、その地域らしい地方創生に向け、地方大学が果たすべき役割とは?」に焦点を当て、2日間開催いたします。

1日目、基調講演では「ローカルESG、これまでの延長線ではない産官学金の連携による、その地域らしい地方創生に向け、地方大学が果たすべき役割とは?」について論点の提示を行います。その後、大学によるカーボンニュートラルへの取組を題材に4つのワークショップを開催し、これからの「地方大学と地域の連携の在り方」、そして「地方大学が輩出すべき人材」について視点を拡げます。

2日目、本事業「地方創生人材教育プログラム」と「地方大学が輩出すべき人材の地元就職」との因果モデル構築に向けたワークショップを開催します。ワークショップでは、本事業のステークフォルダーである「企業」「大学」「学生」に分け、事業選定大学の取組、事例などの紹介も交え、因果モデルの仮説議論を行いながら、今後のプログラム構築に関する論点、因果モデル構築に向けた検証ポイントなどについて議論を深めます。

開催日時・場所

【第一部】
開催日時:2022年2月12日(土)13:30〜17:30
会場:富山国際会議場3F メインホール・ホワイエ オンライン配信


【第二部】
開催日時:2022年2月13日(日)9:00~12:00
会場:富山大学 黒田講堂 オンライン配信

オンライン開催のお知らせ(2022年1月13日 変更・追記)

シンポジウム開催会場(富山県)での参加を可能としておりましたが、新型コロナウイルス感染症に対する対応措置として、参加は全てオンライン参加に変更いたしました。すでに会場参加希望として、ご連絡をいただいている方につきましては、オンライン参加への振替のご案内をさせていただきます。ご了承ください。

選定4大学の事業説明